10代による夜間のソーシャルメディア利用は、メンタルヘルスに影響がある可能性?

グラスゴー大学の研究によれば、FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアをティーンが夜間に使用すると、メンタルヘルスに影響があるかも、とのこと。

これらの利用は、睡眠や鬱、不安障害などに悪影響を与える可能性があり、両者の間にはつながりが見られるものの、原因(というか因果関係)は不明だということ。

こういう話って、もう聞き飽きた感はある気もしますが、(メディア企業が)どのような対応をしていくべきか?そもそも対応するべきか?というのは、もっと議論されるべきでしょう。

FBやTwなどはもちろん、NetflixやHuluなどストリーミング系サービスも、めちゃくちゃダラ見をしてしまいますし、それってティーンエイジャーにとっては、ある程度悪影響になり得るのも想像できるわけです。

規制しようという話ではなく、(例えば子供向けのYouTubeチャンネルについて議論されているように)どうしたら彼らに適切にサービスを楽しんでもらい、(もし悪影響があるとすれば)悪影響をクリエイティブに排除できるか?というとこがポイントでしょう。

http://www.theguardian.com/society/2015/sep/11/teens-social-media-night-risk-harm-mental-health-research

AUTHOR

石田健

石田健

1989年生まれ。THE MEDIA HACK 編集長。 大学在学中より、企業ブランディングファームに参画して、バイオ系上場企業の案件などを担当。 2011年の早稲田大学在学中に株式会社アトコレを創業。その後、大学院での研究生活を経て、2015年より株式会社マイナースタジオ代表取締役社長。2015年に株式会社メンバーズへ売却。 早稲田大学文学部卒業、政治学研究科修士課程修了(政治学)。