イギリス外務省、国際テロ組織ISのプロパガンダに対抗するTwitterアカウントを開設

イギリス外務省が、国際テロ組織ISのプロパガンダに対抗するべく、Twitterアカウントを開設。

これまでに700人ほどのイギリス人が、ISのためにイラクやシリアに旅立ったそう。日本では話題が下火になってしまったISですが、依然として国際社会の脅威ではあり続けています。

ところで、こういったアカウントって実際にはどんな感じで運営されているんですかね?どこかの企業が支援とかしてるんですかね?しかしその場合は、専門知識が必要になりそうで、なかなか普通の企業では難しそう。

逆に外務省内部で運営するにしても、継続的に運営するならば、どんな感じでKPIをひいたりするのか、ちょっと気になりました。

http://www.theguardian.com/world/2015/aug/28/uk-foreign-office-twitter-account-combat-islamic-state-propaganda-isis

AUTHOR

石田健

石田健

1989年生まれ。THE MEDIA HACK 編集長。 大学在学中より、企業ブランディングファームに参画して、バイオ系上場企業の案件などを担当。 2011年の早稲田大学在学中に株式会社アトコレを創業。その後、大学院での研究生活を経て、2015年より株式会社マイナースタジオ代表取締役社長。2015年に株式会社メンバーズへ売却。 早稲田大学文学部卒業、政治学研究科修士課程修了(政治学)。