ソーシャルからニュースに出会う人は46%、検索の40%を上回る

BuzzFeedに代表されるバイラルメディアの存在は、もはや目新しいものではなくなりました。

それは、ソーシャル流入によってトラフィックを稼ぐことが珍しくなくなり、新聞社などの伝統的なパブリッシャーにとっても、ソーシャルの強化は自明になりつつあるからです。

Parse.lyの調査によれば、ソーシャル経由でニュースに出会う人は全体の46%となり、検索経由の40%を抜き去りました。

chartoftheday_5143_referral_sources_for_online_publishers_n

具体的に言えば、Facebookは41.4%となっており、Googleの39.5%を抜いています。2つのプラットフォームをあわせると8割に達しており、RSSやアグリゲーターと比べてそれらの重要性は圧倒的となっています。

ニュースの覇者となるにはソーシャル・検索の両面で最適化を図るべきですが、先日もFacebookフィードのアルゴリズムが変更されたことがアナウンスされたばかり。これらに依存する限りにおいて、ニュースメディアにとっては苦しい未来が続くことになるでしょう。

AUTHOR

石田健

石田健

1989年生まれ。THE MEDIA HACK 編集長。 大学在学中より、企業ブランディングファームに参画して、バイオ系上場企業の案件などを担当。 2011年の早稲田大学在学中に株式会社アトコレを創業。その後、大学院での研究生活を経て、2015年より株式会社マイナースタジオ代表取締役社長。2015年に株式会社メンバーズへ売却。 早稲田大学文学部卒業、政治学研究科修士課程修了(政治学)。