日銀のチーフエアは、欧米でのCOVID-19の復活を懸念している

黒田東彦日銀総裁は水曜日、欧州と米国でのコロナウイルス症例の復活について懸念を表明し、世界経済の下振れリスクに引き続き警戒していると述べた。

黒田氏は、中部地方の企業経営者とのオンライン会議で、日銀はコロナウイルスのパンデミックが経済と金融市場に与える影響を監視し、必要に応じて追加の緩和措置を講じると述べた。

「最近、COVID-19が欧米で再び蔓延していることが懸念されています」と黒田氏は語った。

日銀は先週の政策決定会議で、パンデミックに見舞われた経済を支援するための超簡単な金融政策を維持し、今年度から3月までの成長とインフレの予測を引き下げました。

世界第3位の経済大国は、2020年度には、以前に推定された4.7%の縮小ではなく、5.5%の縮小が見込まれています。

黒田氏は、「経済活動と価格の見通しには大きな不確実性があり、リスクはマイナスに傾いている」と語った。

国内外のウイルス発生の規模は「非常に不透明」であるが、企業や家計の成長期待が低下し、「慎重な支出態度」につながるかどうかに注意を払う必要があると知事は述べた。

コロナウイルスのパンデミックは、黒田の下で8年近くの金融緩和にもかかわらず、これまで2%のインフレ目標を達成できなかった日銀の生活をさらに困難にしました。

9月の日銀の政策会議で水曜日に発表された議事録によると、理事会メンバーの1人は、インフレ目標を「包括的に」達成するための戦略を再考する必要があると述べ、目標への道は見えなかったと主張した。経済情勢の劇的な変化。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です