2018-2028年までに活発な拡大を目撃すると予測されるコットンバッグ市場

環境に優しい綿のバッグは、予測期間中に小売部門でビニール袋を追い抜くと予想されます。装飾された綿のバッグの入手可能性の増加は、人々に綿のバッグをますます採用するように促している。 綿のバッグ は、ビニール袋に比べて高い印刷性と棚の魅力があります。

ビニール袋の禁止は、綿袋の需要を刺激すると予測されています 

ウォールストリートジャーナルによると、すべてのビニール袋の約1%のみが毎年リサイクルされ、残りは埋め立て地に捨てられます。ビニール袋に対する不寛容の高まりにより、世界中の政府がビニール袋の使用を制限する規制を課しています。

これは、今度は、コットンバッグの世界市場の成長を推進する重要な要因となっています。ビニール袋は、ワシントン、サンフランシスコ、シアトル、ボストンで禁止されています。この特定の要因は、予測期間中に米国で綿のバッグの需要を増やすと予想されます。中国、インド、オーストラリアはビニール袋の使用に高い税金を課しており、これはアジア太平洋地域の綿袋市場で活動する主要企業に素晴らしい機会をもたらすでしょう。

数字を含むこのレポートの完全な目次をリクエストしてください:  https ://www.futuremarketinsights.com/toc/rep-gb-8763

2017年、ケニアはビニール袋の全国レベルの禁止を推進しました。これは、使い捨てのビニール袋の販売業者と生産者に直接影響を及ぼしました。ビニール袋の禁止は、綿袋市場への新規参入者のための空白を作成するのに役立ちました。自動鞄製造機の研究を推進している開発の進展も、綿鞄の生産にプラスの影響を与えることが期待されています。

ジュートバッグはコットンバッグ市場の成長を妨げると予想されます

ジュートバッグは綿のバッグに代わる経済的で機能的なものであるため、エンドユーザーはジュートバッグに惹かれています。ジュートバッグは、耐湿性と耐薬品性を備えているため、食品や化学製品の包装に適したソリューションを提供します。

生分解性バッグメーカーは、低コストで生産できるため、ジュートバッグの製造に注力しています。ジュートバッグも軽量で比較的手頃な価格であるため、エンドユーザーは綿のバッグの代わりにジュートと麻のバッグを採用することが期待されています。それとは別に、紙袋はリサイクル可能で、軽量で安価であるため、小売目的での紙袋の使用は徐々に増加しています。この要因はまた、予測期間中にコットンバッグ市場に悪影響を与えると予想されます

国連コムトレードデータベース2015によると、中国、フランス、イタリア、香港がコットンバッグの世界最大の輸出国です。中国はコットンバッグの輸出で先導しています。北米とヨーロッパは、コットンバッグの2つの主要な輸出先であり、この地域のスーパーマーケットや食品産業からのコットンバッグの高い需要に直接起因している可能性があります。税金と資源の面で政府の子会社は、インドとASEAN諸国のコットンバッグ市場の発展のための重要な推進力として機能します。

このレポートに関するお問い合わせはこちら:  https ://www.futuremarketinsights.com/askus/rep-gb-8763

世界のコットンバッグ市場:キープレーヤー

世界のコットンバッグ市場で活動している主要企業の一部は次のとおりです。

Bag Makers、Inc。Hubco、Inc。Central Bag Company JohnPac、LLC Aaltex International Pearl Bag Factory LLP Richie Bags FashionsPvt。株式会社グリーンパッケージングインダストリーズプライベートリミテッドGouda、Inc。Direct Trade Bags Company Ltd.

コットンバッグ市場レポートは、直接の情報、業界アナリストによる定性的および定量的評価、業界の専門家およびバリューチェーン全体の業界参加者からのインプットをまとめたものです。市場レポートは、セグメントごとの市場の魅力とともに、親市場の動向、マクロ経済指標、および支配要因の詳細な分析を提供します。レポートはまた、市場セグメントと地域に対するさまざまな市場要因の定性的影響をマップします。

世界のコットンバッグ市場は7つの地域に分かれています–

北米ラテンアメリカ西ヨーロッパ東ヨーロッパアジア太平洋(日本を除く)(APEJ)中東およびアフリカ(MEA)日本

カスタマイズのリクエスト@https  ://www.futuremarketinsights.com/customization-available/rep-gb-8763

世界のコットンバッグ市場:セグメンテーション

世界のコットンバッグ市場は、エンドユーザー、バッグの種類、容量に基づいて分割されています。

容量に基づいて、世界のコットンバッグ市場は次のように分割されています。

最大5kg 5kg – 10 kg 10 kg – 15 kg 15 kg – 20 kg 20kgを超える

エンドユーザーに基づいて、世界のコットンバッグ市場は次のように分割されています。

自動車化学農芸石油・ガス研究開発その他

綿のバッグの種類に基づいて、世界の綿のバッグ市場は次のように分割されています。

Calico(未漂白または未加工の綿)バッグビーチコットンバッグトートコットンバッグ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です